member profile

本間 遊 on GUITAR


1983年。広島県出身。血液型はA型。乙女座。

信念は「コドモの遊びを オトナのスケールで。」

中学校の時にB'zの松本氏に影響されギターを手にする。

今でもステージで使用されるゴールドトップのレスポールはその影響の名残である。


Vo GAQの実弟。が、全く似ておらず、その事をカミングアウトしても疑われる為、 打ち上げ会場で免許証を出して身元確認される

職務質問の様な光景がしばし見受けられる。


初めて加入したバンドは1998年春、ハードロックがメインのコピーバンド。

最初に合わせた曲は B'zの「DEEP KISS」とGREEN DAYの「when I come around」

しかし当時は「ドラムに合わせるという事」が全く理解出来ておらず一人だけ5秒早く曲を終了させてしまった経験から、

バンドアンサンブルの重要性を痛感した。


VOLKINとの接点は2003年に遡る。

最初期音源「3 TRACKS In ORDEAL」(2003)のレコーディングとミキシングを担当した。

当時本間は学生で短期留学前にレコーディングが入りリリースの工程上、フライトの12時間前まで作業をしてリリースされた。


2004年、たまたまvolkinのスタジオに遊びに行った際、転がっていたパーカッションを叩いていたら結構イケてるという雑な理由で、

パーカッション&シーケンサーで加入。

レコーディングでは加入当時よりギターも参加しており、2005年リリースのsplit ALBUM「The Front Of Liberation」

収録曲のR chは本間のギターである。


2007年メンバーの加入に伴いギターに転向。

音色の特徴から、メタルフリークなギタリストに見られがちだが、本人はヘヴィーメタルはあまり聴かない様子である。

エフェクターは大好きだが、1点モノのハンドメイド物にはあまり興味を持たない。

「どこにでも有る物で、どこにも無い音」が彼のエフェクターに対するポリシー。


90年代の日本の音楽に一番影響されている。

特に「AIR JAM世代」と言われている音の影響が強く、WRENCH、BRAHMAN、COCOBATなどを聴いて育った。

「メタルとハードコアとグランジの線引きが曖昧で日本独自の咀嚼がされている感がたまらない。」とは本人の弁。


個人アカウントでインスタグラムを開設しているが、音楽よりももう1つの趣味である、ルアーフィッシングの投稿の方がいいね!が多く、近年葛藤を強いられている。名盤関係の投稿をしたいそうだがふて腐れ気味。


evernoteのヘビーユーザーである。ここ3年来のライブに於ける、エフェクターやアンプのセッティングを全て記録しており、出演した事のあるハコであれば前回の音色が再現できると本人は豪語しているが、単なるスマホ依存症である。


好きな音楽は雑食だがJamaican dub、日本のoldschool hardcore、北欧のambient等は特に大好物。意味不明のdubの7inchを見るとジャケ買いをせずにはいられない性分。

近年は音楽の配信に興味を持っている。


音楽以外で好きな事は釣りと休日のチルアウト。

川辺に淹れたてコーヒーを持ち込んで一日中ボーっとして過ごす事も多い。

本人は充電と言い張るが傍から見ると不審者丸出しなので止めた方がいいと忠告されているが、全く耳を貸していない。


2018年現在興味のある事は料理で、美味しいローストビーフ作り研究に余念がない。

other member coming soon!